専業主婦が銀行カードローンでお金を借りる方法

毎月の家計のやりくりを担っている専業主婦が、給料日までの数日、あと少しお金が足りないという時には、銀行カードローンがおすすめです。
収入のない専業主婦の場合、消費者金融からはお金を借りることはできません。これは、貸金業法の総量規制によって、貸付額は年収の3分の1までに制限されていますから、収入のない専業主婦は、キャッシングサービスの対象外となってしまいます。

一方、銀行のカードローンは、銀行法という法律のもとに運営されていますから、総量規制は適用されませんから、専業主婦でもお金を借りることが可能となっています。

無収入の専業主婦がお金を借りる場合、きちんと返済できるかが重要となります。収入のない専業主婦は、配偶者の収入が返済原資になりますから、配偶者に一定の安定した収入があることが重要となります。

銀行カードローンのメリットとしては、夫や家族に内緒でお金を借りることができ、低金利なので毎月の返済の負担が軽く、配偶者の収入証明や同意書も不要、申し込みが簡単という点があげられます。

申し込みは、インターネットのみで契約が完了しますし、配偶者の勤務先に直接連絡が入ることもありませんから、家族にキャッシングが知られることなく、銀行カードローンの利用が行えます。また、最短で申し込みをしたその日にお金を借りることも可能ですから、今日中に融資を受けたいという場合には、審査スピードが速い会社を選択するとよいでしょう。

安心してお金を借りるならカードローン!